STマイクロエレクトロニクス、 バッテリ駆動のIoT機器向けに電流容量2.6Aの ブラシ付きDCモータ用小型モータ・ドライバICを発表


Geneva / 20 Mar 2017

STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST) は、ブラシ付きDCモータ向けに、シングル・チップのモータ・ドライバIC(電流容量 : 2.6A)であるSTSPIN250 を発表しました。同製品は、バッテリ駆動の携帯型機器やウェアラブル機器に向けた、STの低電圧かつ高電力効率の小型モータ・ドライバICファミリを拡充します。 STマイクロエレクトロニクス、 バッテリ駆動のIoT機器向けに電流容量2.6Aの ブラシ付きDCモータ用小型モータ・ドライバICを発表

このモータ・ドライバICは、パワーMOSFETのフル・ブリッジ回路と固定オフ時間によるPWM電流制御を小型パッケージ(3 x 3mm)に集積しており、携帯型機器の省スペース化に貢献します。低オン抵抗のパワー段(ハイサイドおよびローサイドの合計 : 200mΩ)と、市場で最も低いスタンバイ電流(80nA未満)が、バッテリを長寿命化すると共に、機器の筐体温度の上昇を防止します。また、電源電圧範囲が1.8V~10Vのため、1セル・リチウム・イオン電池のような小さな電源の使用も可能にします。

ブラシ付きDCモータは、性能とコスト効率、さらに信頼性にも優れていることから、多様なアプリケーションに幅広く使用されています。

高い出力電流を持つSTSPIN250は、携帯型プリンタ、POS端末、コンスーマ機器、電子バルブ、ドア・ロック、玩具、医療・ヘルスケア機器(電動歯ブラシ、シリンジ・ポンプなど)、低・中パワーのアプリケーションに使用できます。また、低電圧ロックアウト(UVLO)、損失ゼロの過電流保護、短絡保護、およびサーマル・シャットダウンといった包括的な保護機能も内蔵しています。

 

STSPIN250は、携帯型のバッテリ駆動機器向けにSTが昨年からリリースしている3品種のモノリシック低電圧ドライバに新たに加わった製品です(STSPIN220 : ステッピング・モータ用STSPIN230 : 3相ブラシレス・モータ用STSPIN240 : ブラシ付きDCモータ用で電流容量が最大1.3A)。これにより、STSPINファミリは、携帯型機器で最も一般的に使用されているモータに対応する高エネルギー効率で使いやすい小型モータ・ドライバICの選択肢を揃え、バッテリ駆動のIoT機器の幅広い普及に貢献します。

STSPIN250には、システムの試作開発を迅速かつ簡単に始められる包括的な開発エコシステムが用意されています。この開発エコシステムは、STM32 Nucleo拡張ボード(X-NUCLEO-IHM13A1)と、モータ開発プロジェクトにおいてマイコン開発リソース STM32Cubeの使用を可能にするソフトウェア・ツールで構成されています。

STSPIN250は現在量産中で、VQFPNパッケージ(3 x 3mm)で提供されます。単価は、1000個購入時に約0.75ドルです。

詳細については、www.st.com/STSPINをご覧ください。

リリース検索

最新イベントと技術セミナー
関連ドキュメント



×