x
Benedetto Vigna

BENEDETTO VIGNA (ベネデット・ビーニャ)

上級副社長 兼

アナログ & MEMSグループ ジェネラル・マネージャ

2016年1月、本社上級副社長 兼 アナログ & MEMSグループ ジェネラル・マネージャに就任。また、STの経営戦略委員会のメンバーを務める。

1995年、STに入社し、MEMS事業を立ち上げる。その後、MEMSセンサが、大手メーカー各社のモーション・ベースのユーザ・インタフェースに採用され、STは主導的MEMSのトップ・サプライヤとしての地位を確立。最近では、MEMSマイクロフォン、地磁気センサ、ならびにタッチスクリーン・コントローラ、さらには環境センサ、マイクロ・アクチュエータ、車載用センサおよび低消費電力通信用ICなど、IoT機器向けの製品を導入する他、。2011年には汎用・高性能アナログICを、2016年にはスマート・パワー製品をセンサ、RF、高性能アナログおよびミックスド・シグナル製品の他、インタフェース、ポータブル機器用オーディオ、汎用アナログ製品も担当領域に加える。
現在までにマイクロマシンに関する170件以上の特許を出願。多数の出版物を執筆すると共に、多くの国際会議で講演を行う。また、EUが支援する複数のプログラムにおいて役員を務める。その他、MEMS産業への貢献が認められMEMS Industry GroupのExecutive of the Year Award(2013年)、European SEMI Award(2013年)、およびIEEE Frederik Philips Award(2015年)を受賞。

1969年、イタリアのポテンツァ(Potenza)生まれ。ピサ大学(University of Pisa)卒、原子核物理学を専攻。


2016年1月

×