オフグリッド・ソーラー・アーキテクチャは、送電網には接続せずに、単一または複数のバッテリに接続することで、太陽光エネルギーを得られないばあいにも電気機器に給電することが可能です。 このシステムは、以下の3つの主要機能ブロックからなります。

  • 太陽光パネルごとにあるジャンクション・ボックスには、重要なバイパス機能が実装されています。
  • MPPT充電コントローラには、MPPT機能を備えたDC-DC電力変換とバッテリ充電機能が実装されています。
  • インバータには、電力変換ステージ(DC-DCおよびDC-AC)と通信機能が実装されています。

以下のブロック図において、広範な推奨製品の中から最適な機能ブロックを選択頂けます。




×