マイクロインバータ・ベースのアーキテクチャは図に示すように接続された2つの主要機能ブロックからなります。

  • マイクロインバータには、電力変換ステージ(MPPT機能を備えたDC-DCおよびDC-AC)、通信機能、およびACグリッドへの接続機能がパネル・レベルで実装されています。 このように、各パネルがACグリッドに直接的に並列接続されています。
  • データ・コンセントレータは、すべてのマイクロインバータからデータ(電圧値、電流値など)を収集してローカルまたはリモートの監視および制御アクセス・ポイントに送信します。

このアーキテクチャには以下の利点があります。

  • 発電量の増加:パネル・レベルでのMPPT機能によってシステムの発電量を最大化
  • パネル・レベルでの通信および監視機能
  • フレキシビリティの向上:実装容量を追加的に拡張可能
  • 最高の信頼性:1つのマイクロインバータが故障しても、システムの発電量に影響しません

ブロック図は、広範な推奨製品の中から各機能ブロックに最適な製品を選択するのに役立ちます。




×