ストリング・インバータと集中型インバータのアーキテクチャは、従来のグリッド接続による太陽光発電システムを代表するものです。 これは、以下のブロック図に示すように接続された3つの主要機能ブロックで構成されています。

  • 重要なバイパス機能が実装され、太陽光パネルごとに設けられたジャンクション・ボックス
  • ストリングの保護と監視を行うストリング・コンバイナ・ボックス
  • 電力変換ステージ(MPPT機能を備えたDC-DC、およびDC-AC)、通信機能、およびACグリッドへの接続機能が実装されたインバータ

以下のブロック図によって、広範な推奨製品の中から各機能ブロックに最適な製品を選択すことが可能です。




×