自己発振型プッシュプル式蛍光灯バラストは、ランプ制御の効率とともに力率を向上させることができるために、従来の磁気バラストを広く置き換えつつあります。 自己発振型プッシュプル式トポロジは、STの最適化されたパワー・バイポーラ・トランジスタに効率よく適用できます。 以下の図に、高周波バラスト回路に適用できる最も有用かつ幅広い製品とデバイスを示します。

デザイン

技術文書

アプリケーションノート
Description バージョン サイズ
AN4363 AN4363: How to select the Triac, ACS, or ACST that fits your application 2.0 362 KB



×