単極モータでは、すべてのステータ・コイルが端子を共有し、各コイルの空き端子が別々のパワー・スイッチに接続され、電流はモータ・コイルを通って一方向に流れることが可能です。

ステッパ・モータ駆動は、一般的ににスイッチ・モードで動作し、コイル内の電流をあらかじめ設定されたプロファイルに従って制御できる電流制御回路を備えています。 電流プロファイルは、ハーフ・ステップおよびフル・ステップ・モードでは長方形になりますが、マイクロ・ステップ・モードではほぼ正弦波になります。
単極ステッパ・モータを駆動するには、スイッチ・アレイが1つあれば十分です。




×