力率補正回路(PFC)プリ・レギュレータは、フロントエンド整流器ブリッジとオフライン・コンバータの入力フィルタ・コンデンサの間にあり、外部電源からライン電圧と同相の擬似正弦電流を供給します。 その場合、高い力率(PF)値(>0.9)と低い入力電流高調波歪(THD)値(<10%)が得られます。 多くの利点を持つため、主にブースト・トポロジが使用されます。
以下のブロック図において、広範な推奨製品の中から最適な製品をご確認頂けます。




×