一般的な補助電源はフライバック・トポロジを使用します。 ただし、超低消費電力の場合にはバック・トポロジが使用されます。 主として、これらは低コストかつスタンバイ時の消費電力量が極めて低い低消費電力ソリューションです。 以下のブロック図から、数多くの適用可能な推奨製品をご確認頂けます。




×