一般的な補助電源はフライバック・トポロジを使用します。 ただし、超低消費電力の場合にはバック・トポロジが使用されます。 主として、これらは低コストかつスタンバイ時の消費電力量が極めて低い低消費電力ソリューションです。 以下のブロック図から、数多くの適用可能な推奨製品をご確認頂けます。

デザイン

技術文書

アプリケーションノート
Description バージョン サイズ
AN4209 AN4209: Design methodology for repetitive voltage suppressors (RVS) in repetitive mode: STRVS 2.0 647 KB
AN4007 AN4007: EVLVIP37LE5V3A: 15 W (5 V - 3 A) wide range single-output demonstration board 2.0 1 MB
AN4116 AN4116: STEVAL-ISA112V1: 12 V/4 W, 115 kHz non-isolated flyback 1.0 3 MB
AN4345 AN4345: STEVAL-ISA119V1: 1.5 W double output buck product evaluation board based on the VIPER16LD 1.0 2 MB

Publications and Collaterals

パンフレット
Description バージョン サイズ
Brochure Power management guide 05.2016 4 MB



×