放射線耐性の高いオペアンプは、通信衛星や宇宙データの取得など、多くのアプリケーション内部で極めて優れた性能を発揮します。 このオペアンプは、3V~16Vの間にある1つまたは2つの供給電圧範囲、200µA~16mAの電流範囲、 1GHzまでの周波数、および最小ゲインが1で使用できます。  Flat8およびFlat8Sパッケージで供給されます。 この電圧範囲に使用されているST’独自の技術は、BiCMOSと0.25µm CMOSです。

Single and quad CMOS op amps with improved radiation immunity for satellite applications

Our range of rad-hard op amps is expanding to include the RHR61 (single) and RHR64 (quad) rail-to-rail op amps delivered in hermetic ceramic packages and available as engineering models. These precision, low-power op amps feature:

·        Unity gain stable on 100 pF load

·        Very low power supply: 1.5 to 5.5 V

·        Very low consumption: 60 μA (max.)

·        Low offset voltage (<1 mV) maximum and input bias: (<1 pA)

·        Rail-to-rail inputs and outputs

·        100 krad TID (high-dose rate)

·        SEL immune at 120 MeV.cm²/mg

SET characterized 

ツール & ソフトウェア リソース サポート & コミュニティ

×