STのオペアンプ製品郡は、高性能、低消費電力、高精度、省スペースパッケージなど幅広い製品ポートフォリオを有し、様々な設計のご要望にお答えします。

  • 最小消費電流2µAの超低消費オペアンプにょる製品ポートフォリオの拡張
  • 標準オペアンプおよび高性能オペアンプの安定供給が可能
  • DFN、QFN、SOT-23、SC-70などの省スペース型パッケージ

STの高精度オペアンプ・ソリューションには、温度変動に対してドリフト量が極めて少ないゼロドリフト・オペアンプと低オフセット・ドリフトのオペアンプがあります。STの高精度オペアンプは、ガス、温度、圧力、位置センサなど、あらゆるセンサでの使用に最適です。

STの低消費電力オペアンプ・ソリューションには、幅広く使用される汎用デバイスも含まれます。また、高精度品、スタンバイ機能、小型パッケージなどのアップグレード・オプションも用意されておりデザイン性の向上に寄与します。

STのオートモーティブ・グレード製品はAEC-Q100の認証を受けた、高信頼性フローで試験されており、自動車市場特有の厳格な要求を満たしています。

一部のオペアンプは無料サンプルをご利用いただけます。お客様のアプリケーションに適したオペアンプを見つけて、お試しください。

オフセット、ドリフト、CMRR、PSRR、およびノイズの抑制方法については、Googleハングアウトをご利用ください。

TSV7 series: excellent precision (200 µV), low-power (10 µA or 60 µA)

The TSV711, TSV712, TSV714, TSV731, TSV732, TSV734 series of single-, dual-, and quad-channel operational amplifiers offers low-voltage operation (1.5 to 5.5 V), rail-to-rail inputs and outputs, and an excellent accuracy (V IO lower than 200 μV at 25 °C). Housed in the smallest industrial packages, these low-power devices benefit from ST’s 5 V CMOS technology and offer an excellent speed/power consumption ratio associated with an ultra-low input bias current. These characteristics make the TSV7 series ideal for sensor interfaces and active filtering for battery-powered applications in the wearable, portable consumer, medical and industrial segments.

製品ラインナップ ツール & ソフトウェア リソース サポート & コミュニティ
推奨製品




×