Teseo III: STA8089およびSTA8090シリーズ

新しいTeseo III製品ファミリは、STのTeseo II 1チップ測位ICが備える業界最先端の性能を土台として、測位精度の新たな最高水準を創造しています。 この新世代製品は、自律航法やアシスト型GNSS(Global Navigation Satellite System)に見られるような、センサ・フュージョン化にも対応します。

Teseo IIIは、既存の衛星測位システムに加え、新たにBeiDou衛星に対応することにより、アジアおよび世界規模で従来よりも大幅に高精度な測位性能を実現しています。

Teseo III製品ファミリは2種類のシリーズで提供されています。

  • STA8089シリーズは、Teseo IIシリーズとのピン互換性を維持しながらBeiDou衛星のサポートを追加したもので、アプリケーションの迅速な移行を可能にします。
  • STA8090シリーズは、より高効率な電源管理ユニットを追加するほか、中国のBeiDou衛星もサポートします。 

New firmware fuses satellite data with vehicle-sensor data for advanced 3D navigation

Teseo DrawTESEO DRAW sensor fusion firmware merges the satellite information with data from vehicle sensors such as the gyroscope, accelerometer, and wheel-speed sensors, to calculate location accurately in three dimensions including elevation. If the satellite signal is poor, TESEO DRAW compensates for the loss of accuracy, and if the signal becomes unavailable, navigation continues uninterrupted based on calculated location (dead reckoning).

With the new Teseo DRAW firmware, ST provides a unified platform comprising navigation engines, 3D positioning capability, and motion sensors. The firmware is loaded on Teseo III multi-constellation receivers.

×