STはその技術ポートフォリオをさらに拡張するための意欲的で多様な戦略の展開に着手しており、その流れの中で、前例のない精度を提供する広範な フォトニック・センサを市場に投入します。このデバイスは、近接センシング・アルゴリズムで使用する光源のほか、環境光センシング(ALS)までも統合し たモジュールとして提供されるので、製品の統合が大幅に容易になります。

この製品は、TOF(time of flight)技術によるST製品群の先駆けとなるものです。STは、標準化かつ熟成された自社製画像プロセスと自社製大容量パッケージング・ソリュー ションを使用して、この複雑な技術の製品化に成功しました。その結果、この先進技術は競争力のあるシステム・コスト、非常に小さなパッケージ・フットプリ ント、および低消費電力により、幅広いコンスーマ・アプリケーションに最適なものとなっています。TOFは、その最初の製品で対象物の表面状態に依存しな い正確な近接検知が可能であることを証明し、多彩な用途の可能性を切り開いています。

STは最近、Windows® 8の仕様に対応した大型パネルのタッチスクリーンで使用できる光学タッチ・センサも発表しました。光学ナビゲーションの先駆者として、2002年以来数億 個のLEDおよびレーザ・マウス・センサを販売してきたSTは、この経験を活用し、スタンドアロ ン・センサとして、または光学系とLEDを統合したフル・モジュールとして、光学フィンガ・ナビゲーション・ソリューションを提供しています。

ツール & ソフトウェア リソース

×