STは、高精度近接センサの新しい世代を提案するために、Time-of-Flight(ToF)の原理を利用してFlightSenseTMと呼ぶ独自の技術を開発し、特許を取得しました。

FlightSenseTM技術をベースにした製品は、近接センサSPAD(Single Photon Avalanche Diode)アレイ、周辺光センサ(ALS)、および近接センサ機能が使用するVCSEL(Vertical Cavity Surface-Emitting Laser)を統合したモジュールにパッケージされるため、製品の統合が極めて容易になります。

STの高度な画像処理プロセスと大容量パッケージング・ソリューションを使用するこの先進的な技術は、以下を必要とする幅広いアプリケーションに最適です。

  • 競争力のあるシステム・コスト
  • 超小型パッケージ・フットプリント
  • 低消費電力

FlightSenseTM技術は、対象物反射率と無関係に高精度の測距が要求される多くのアプリケーション領域で使用できます。従来のIR近接センサ・デバイスは同じ方法では絶対範囲測定を出力できません。

  • 通信およびコンスーマ:ブラウジング、リモート・コントロール、近接センシング、オートフォーカス補助
  • 生活家電:照明管理のためのジェスチャ、ロボット掃除機、玩具、ドリンキング・マシン
  • 車載用:ジェスチャによる車載コンピュータの制御
  • 産業用:測距および周辺光検出、ドア制御、ロボティクス

STのFlightSenseTM 測距センサの詳細についてはGoogleハングアウトをご利用ください。

Time-of-flight 3-in-1 module with proximity sensor, gesture and ambient light sensing

A complete development eco-system is available for evaluating the VL6180X, the first fully integrated proximity and ambient light sensor based on FlightSense™, ST’s patented time-of-flight technology.

Two very user-friendly Nucleo evaluation packs including an STM32 Nucleo board and VL6180X expansion board are available. The P-NUCLEO-6180X1 includes a full-feature STM32F401 microcontroller. 

You can even connect up to three additional external small PCBs, VL6180X-SATEL satellites, to these expansion boards in order to integrate the VL6180X proximity sensors directly into your devices.

These evaluation kits will let you become familiar with the features and performance of the VL6180X and start developing your own applications.

The Nucleo evaluation packs can be used stand-alone, just with an USB connection for power supply, or can be connected to a PC, using an advanced GUI.

A complete firmware package (X-CUBE-6180XA1) is available and includes binary code to flash the STM32 Nucleo boards and source code examples compliant with STM32Cube embedded software.

×