STの超低消費電力マイコン・プラットフォームは、独自の超低リーク技術と最適化された超低消費電力デザインをベースにしています。

ポートフォリオには、CPUコアにARM® Cortex®-Mプロセッサを搭載したSTM32L4(ARM® Cortex®-M4)、STM32L1(ARM® Cortex®-M3)、STM32L0(ARM® Cortex®-M0+)から、ST独自の8bitコアを搭載したSTM8Lまで、多くの選択肢があります。STの超低消費電力ソリューションは、長いバッテリ寿命やエネルギー・ハーベスティング給電を必要とするアプリケーションに最適です。

25℃ ~ 125℃での温度上昇時における電流変動が業界最小クラスであるSTM8L/STM32Lソリューションは、特に高温において極めて低い消費電流を保証します。その他にも、SRAMを保持する低消費電力モードやRTCを動かしていてもわずか330nAという業界最小の消費電力モード、ストップ・モードからわずか4µsでRunモードへ切り替わるウェイクアップ時間など、アプリケーションの低消費電力化に貢献します。

新しいラインナップであるSTM32L4は、DSP命令、浮動小数点演算ユニット(FPU)、大容量メモリ(最大1MBの内蔵Flash)、および低消費電力アーキテクチャに最適化された周辺機能を搭載しております。また、100DMIPSの処理性能を実現しており、STの超低消費電力プラットフォームはさらに多くの選択肢を提供します。

製品ラインナップ ツール & ソフトウェア リソース サポート & コミュニティ

×