STの3相ブラシレスDC(BLDC)モータ用STSPIN ドライバは、3相ブリッジ構成のパワー・ドライバおよび、ホールセンサ用内蔵復号ロジックとPWM電流コントローラを搭載した統合ソリューションによって構成されます。これらは、モータ制御またはモーション制御システム・ホスト(マイコン、DSP、またはFPGA)からの動作命令によってBLDCモータを自律的に駆動します。

パワーMOSFETと関連する駆動回路の集積化に加えて、過熱、過電流、低電圧状態に対する保護機能および診断機能を備えた堅牢で高信頼性の設計です。

STSPIN3相BLDCモータ・ドライバは、省スペースで熱特性が強化されたパッケージが幅広く用意され、広範な電圧定格と電流定格において、モータ制御およびモーション制御システム向けに、すぐに使用できる最適なソリューションを提供します。

速度、位置および電流ループの実行、マスタへのリアルタイム・コネクティビティ等のすべての必要な機能を提供するターンキー・モータ制御モジュールもあります。 これらのモジュールは、小型であるため、永久磁石同期モータ(PMSM)への直接取り付けに最適です。

STSPINのポートフォリオには、開発期間を短縮するための幅広い評価ハードウェアとソフトウェア、ならびに技術文書ツールが含まれます。

32-bit MCU-based BLDC motor driver in tiny 7x7 mm QFN

The STSPIN32F0 combines a 32-bit ARM ® Cortex ®-M0 core STM32F0 microcontroller and a three-phase, half-bridge gate driver in a tiny 7x7 mm QFN package, delivering the flexibility and power of a microcontroller-based drive with the convenience, simplicity and space-efficiency of a single IC. Ideal for BLDC motors in applications up to 45 V, it greatly simplifies design challenges by leveraging the extensive STM32 development ecosystem with software tools, firmware libraries and middleware available on top of the popular motion-control algorithms such as Field-Oriented Control (FOC) and 6-step control to streamline firmware development.

Get Started ツール & ソフトウェア リソース サポート & コミュニティ
推奨製品



×