STのパルス幅変調器(PWM)コントローラ製品の幅広いポートフォリオは、中~高電力SMPSのための、シングル・エンド型(フライバック、フォワード、または疑似共振など)とダブル・エンド型(非対称ハーフ・ブリッジなど)の両構造で最も一般的なトポロジを使用する、絶縁型と非絶縁型のAC-DCおよびDC-DCスイッチモード電源をサポートしています。

STは、多くの高度なデジタル・コントローラも提供しています。これは多様な負荷条件、特に高電圧起動用などの軽負荷時におけるコンバータ効率を最適化するための革新的なソリューションを特徴としています。このようなコントローラは、屋外向けアプリケーション用に温度範囲が拡大された場合でも堅牢性と信頼性を強化する、包括的な保護セットを組み込んでいます。その結果、外部コンポーネント数を少なくし、コンバータのサイズとコストを最小化できます。

UC(電圧モード)シリーズとSG(電流モード)シリーズの業界標準コントローラは、より主流のSMPSデザインにも利用できます。

Achieve the highest performances with minimized complexity

STNRG digital controllers for power conversion

No need to deep-dive into DSP complexity to grasp all the advantages of digitally-implemented switched-mode converters.  STNRG digital controllers help designers obtain higher efficiency and enhanced safety in mid- and high-power converters for industrial switched-mode power supplies (SMPS), solar-power converters or charging stations for electric vehicles (EV).

STNRG digital controllers are based on the combination of event-driven state machine (SMED), high-resolution pulse-width modulation (PWM) generators triggered by internal and external events, such as peak current, over current or zero crossing, that handle time-critical tasks in the converter’s control loop and an STM8-based core dedicated to supervisory tasks.

STNRG digital controllers can be selected in three options six (STNRG388A, TSSOP38 package), five (STNRG328A, VFQFPN32) or four (STNRG288A, TSSOP28) SMEDs to fit different power converter architectures.

×