次世代48Vデータセンター向けの最高効率の電力変換

STは、3つの新しい高性能電力変換ICのリリースにより、48Vからの直接デジタル電力変換の実装を可能にし、データセンター・アプリケーションの全範囲をサポートします。
次世代の48Vからの直接デジタル電力変換は中間の変換段を不要とし、データセンターでの電力供給における電力損失を最小限に抑えるとともに、設置面積、冷却の要件とコストを低減します。
これら3つの新しいICは、グーグル社が発表した新しい48Vアーキテクチャの要件を満たし、インテル社のVR12.5(HaswellおよびBroadwell)、VR13(Skylake)、DDR3/4電圧制御仕様、ならびにデータセンター・アプリケーション向けFPGAおよびASICのすべてに、完全に適合しています。

主な特徴

完全絶縁の共振型直接変換

  • 48VからVCORE(1.xV)/ VDDR(1.2V)/ VSOC(1V)/ VIBC(12V、5V、3.3V)に変換

高効率

  • あらゆるVin [36V ~ 72V]およびVout [1.xV ~ 12V]でZVSおよびZCS制御が可能
  • Energy Proportional(エネルギー比例)管理

高い拡張性と柔軟性

  • 電力需要に応じた拡張性
  • 周波数可変によるCCMおよびDCM制御
  • さまざまなデジタル負荷(高帯域幅)
  • PMBus AVS 1.3対応

高電力密度、テレメトリ、自動チューニング

  • >160 W / inch2
  • PMBus™から完全な設定およびアクセスが可能
  • 補償設計の時間と工数を最小化(アプリケーション設計時間を最適化)

リソース サポート & コミュニティ


×