STのスイッチングLNB電源は、I²Cバス・インタフェースとDC-DCステップアップ・コンバータ(NMOSを集積)を内蔵しています。DC-DCステップアップ・コンバータは、単一の電源電圧(8~15V)から、リニア・ポストレギュレータが最小の電力損失で動作できるようにする電圧を生成します。 低電圧ロックアウト回路は、供給されているVCCが固定閾値を下回ると回路全体をディスエーブルします。 主要なIC診断機能は、I²Cバス・インタフェースを介して制御されます。

ツール & ソフトウェア リソース サポート & コミュニティ
推奨製品




×