これらのDC-DCコンバータに組み込まれたMPPTアルゴリズムは、太陽電池パネルが発電する電力を温度や太陽光の照射量に関係なく最大化します。

SPV1020は、6.5 V~40 Vの電圧範囲で動作するインタリーブ型DC-DCブースト・コンバータです。能動スイッチおよび同期整流用のパワーMOSFETを内蔵しているため、外部デバイスの個数が最小化されます。 4相のインタリーブ型トポロジによって、寿命を短縮する可能性がある電解コンデンサを使用する必要もなくなります。

SPV1040は、MPPTアルゴリズムを組み込んだモノリシック・ステップアップ・コンバータです。0.3 V~5.5 Vの入力電圧範囲で動作し、効率が極めて高いために負荷へのエネルギー伝達を最大化します。 スタートアップ入力電圧が極めて低いため、わずかな太陽電池や燃料電池しか持たないデバイスでもよいことから、携帯アプリケーションに最適です。

×