STのSub-1GHzソリューションのポートフォリオには、ホーム/ビル・オートメーション(Smart HomeおよびSmart City)、産業用工程管理(Smart Factory)、およびオートメータリング・インフラストラクチャ(Smart Grid、Wireless Mバス)、広義にはIoT(モノのインターネット)をサポートする、トランシーバIC、モジュール製品が含まれます。Sub-1GHzソリューションは、169、315、433、868、および915MHzを使用するライセンス不要のISM、およびSRD周波数帯をカバーします。

STのトランスミッタとトランシーバは、データを安全に転送するAES 128bit暗号化コプロセッサを内蔵し、統合されたアンテナ・スイッチング制御アルゴリズムと複数の変調方式(2-FSK、GFSK、OOK、ASK、およびMSK)、アンテナ・ダイバーシティをサポートします。

IMSおよびSMD帯で動作するSTのSub-1GHzモジュールは、ベースであるSTのトランシーバにアンテナ、水晶振動子、およびバランを取り付けたものです。このモジュールには、安定性を向上させるためのホスト・マイクロコントローラが付属するものもあります。これらは、RF、ETSI、IC、およびFCCの完全な認証を受けており、量産化までの時間短縮に貢献します。

STのICとモジュールは、評価ボード、ソフトウェア、ファームウェア、およびアプリケーション・ノートなどの一連のサポートツールを準備しています。

SPIRIT1 ultra-low-power sub-GHz RF transceiver

The SPIRIT1 high-performance wireless transceiver boasts an outstanding receiver sensitivity of  120 dBm combined with an unparalleled competitive advantage of extremely low current consumption. This enables SPIRIT1-equipped applications to operate for up to twice the time over existing solutions without the need to replace the batteries. The transceiver also supports advanced technologies such as frequency hopping, auto-acknowledgment and antenna diversity to secure error-free data transmission even in harsh-environmental or challenging-logistical conditions.

×