STM32Cube initialization code generator

STM32CubeMXは、STが提案しているSTMCube™ベースの初期化コード自動生成ツールで、開発の手間や時間、コストの削減に貢献し、開発を容易にします。STM32CubeはSTM32ポートフォリオに対応します。

STM32Cubeには、グラフィカル・ウィザードを使用してC言語による初期化コードを生成できるSTM32CubeMXグラフィカル・ソフトウェア構成ツールが含まれています。

また、シリーズごとに提供される包括的なソフトウェア・プラットフォームも組み込まれています(たとえば、STM32F4シリーズ向けにはSTM32CubeF4)。このプラットフォームにはSTM32Cube HAL(STM32ポートフォリオ内の移殖を可能にするSTM32抽象レイヤ組込みソフトウェア)に加え、一貫したミドルウェア・コンポーネントのセット(RTOS、USB、TCP/IP、およびグラフィックス)が含まれています。すべての組込みソフトウェア・ユーティリティにはサンプル・コードが付属しています。

STM32CubeMXは、STM32マイクロコントローラの設定を非常に容易に行い、対応する初期化用Cコードを段階を追って生成できるグラフィカル・ツールです。

まず、必要なペリフェラルのセットに適したSTのSTM32マイコンを選択します。

次に自動競合解決機能を搭載したピン配置ウィザード、設定の動的検証を行うクロックツリー・ウィザード、消費電力計算ツール、充実したマイコン・ペリフェラル(GPIO、USART、など)およびミドルウェア・スタック(USB、TCP/IP、など)の構成を行うユーティリティを使用して、必要な組込みソフトウェアを設定する必要があります。

最後に、選択した設定に基づく初期化用Cコードを生成します。このコードは複数の統合開発環境でそのまま使用できます。ユーザ・コードは、次回のコード生成でも保持されます。

Key Features

  • 直観的なSTM32マイコンの選択
  • マイコンのグラフィカルな設定
    • Pinout with automatic conflict resolution
    • Clock tree with dynamic validation of configuration
    • Peripherals and middleware functional modes and initialization with dynamic validation of parameter constraints
    • Power sequence with estimate of consumption results
  • STM32マイコンの初期化をカバーするIAR™、Keil™およびGCCコンパイラに準拠したCコード・プロジェクトの生成
  • Windows®、Linux®、OS X®オペレーティング・システム上で動作するスタンドアロンのソフトウェアとして、あるいはEclipseプラグインを介して利用可能(OS X®は米国およびその他の国におけるApple社の登録商標です)

画像

×

リソース

技術文書

製品スペック
Description バージョン サイズ
DB2163 DB2163: STM32 configuration and initialization C code generation 7.0 267 KB
ユーザマニュアル
Description バージョン サイズ
UM1718 UM1718: STM32CubeMX for STM32 configuration and initialization C code generation 22.0 20 MB
リリースノート
Description バージョン サイズ
RN0094 RN0094: STM32CubeMX release 4.22.1 32.0 582 KB

法務

ライセンス契約
Description バージョン サイズ
SLA0047 SLA0047: Image V2 - SOFTWARE LICENSE AGREEMENT 1.13 99 KB

ツール & ソフトウェア

開発ツール・ハードウェア
Software Development Tools
ソフトウェア製品
MCUs Embedded Software

ソフトウェア入手

製品型番 Software Version Marketing Status Supplier Order from ST
STM32CubeMX 4.22.1 Active ST

 

サポート & コミュニティ


×