低コストのSTM32 Nucleoマイコン評価ボードにより、システムに最適なSTM32マイコンを素早く選択して評価することが可能になり、プロトタイプ作成の簡素化に貢献します。

コネクタが共通であるため、STM32 Nucleoボードは多数のアプリケーションに関連したハードウェア・アドオン(Arduino Uno rev3およびST morphoコネクタを含むNucleo-64、Arduino Nanoコネクタを含むNucleo-32)を使用して簡単に拡張できます。

STM32 NucleoボードはST-Linkデバッガ / プログラマを内蔵しているため、個別のデバッグ・プローブは不要です。

また、包括的なSTM32ソフトウェアHALライブラリと共に、様々なソサンプル・ソフトウェアが提供されており、IAR EWARM、Keil MDK-ARM、mbed、GCC/LLVMベースのIDEを含む幅広い開発環境でシームレスに利用できます。

STM32 Nucleoユーザは、www.mbed.orgのmbedオンライン・リソース(コンパイラ、C/C++ SDK、開発コミュニティ)にアクセス(無償)して、わずか数分で完全なアプリケーションを構築することができます。

リソース サポート & コミュニティ


×