STM32 Open Development Environment(STM32 ODE)は、STM32 32bitマイコン・ファミリおよび、機能拡張ボードに搭載した最新の各種ST製品をベースとし、オープンで高い柔軟性を持ち、使いやすくて低価格な開発エコシステムにより、革新的なデバイスやアプリケーションの迅速な開発をサポートします。 最先端の製品を使った試作を、より迅速に行えるため、最終設計へも迅速に移行することが出来ます。

STM32 ODEは、以下の5つの要素を含みます。

  • STM32 Nucleo開発ボード STM32マイコン全シリーズを網羅した低価格の開発ボードは、シリーズ内での互換性を備え、統合されたデバッガ/プログラマを備えています。
  • STM32 Nucleo拡張ボード センシング、制御、コネクティビティ、パワー、オーディオ等の機能を必要に応じて追加できる機能拡張ボードです。 これらの拡張ボードは、STM32 Nucleo開発ボード上にスタックして簡単に接続することが出来ます。 拡張ボードを追加することで、より複雑な機能が実現できます。
  • STM32Cubeソフトウェア STM32の迅速かつ容易な開発を可能にする無償ツール・セットと各種ソフトウェアです。これには、ハードウェア抽象化レイヤ、ミドルウェアおよびPCベースのSTM32CubeMXコンフィグレータおよびコード・ジェネレータが含まれます。
  • STM32Cube拡張ソフトウェア 拡張ソフトウェアは無償で配布しており、STM32 Nucleo拡張ボードに使用出来るもので、STM32Cubeソフトウェア・フレームワークとも互換性があります。
  • STM32 ODE機能パック. 最も一般的なアプリケーション向け機能例のセットです。これは、STM32Cubeソフトウェアおよび開発ソフトウェアを使用し、STM32 Nucleo開発ボードおよび拡張ボードのモジュール性と相互運用性を活用して構築されています。

STM32 Open Development Environmentは、IAR EWARM、Keil MDK、mbed、およびGCCベースの環境を含む様々なIDEに対応しています。

製品ラインナップ リソース サポート & コミュニティ


×