STの低ドロップアウト(LDO)レギュレータは、低ドロップアウト電圧、低静止電流、高速過渡応答、低ノイズ、および良好なリップル除去比の最適な組合せを提供しています。

特に、以下の機能を備える超低ドロップアウト(ULDO)レギュレータは、コンスーマおよび携帯型医療機器のバッテリ駆動アプリケーションに最適です。
  • バッテリ駆動時間を延ばす超低静止電流(最小1 µA)
  • 最小フットプリントを実現する小型パッケージ・オプション(0.69 x 0.69 mmのCSPを含む)
高いPSSR(電源電圧変動除去比)と低いノイズにより、信号パス全体で幅広い入力電圧および出力電流にわたって信号の信頼性を維持します。
 

Ultra-tiny low-dropout regulator in breakthrough bumpless chip-scale package

The LDBL20 is a powerful 200 mA LDO in a tiny 0.47 x 0.47 mm innovative ST STAMP™ chip-scale package. The input voltage can range from 1.5 to 5.5 V, with 200 mV typical dropout. Rejection (PSRR) of 80 dB at 100 Hz and 50 dB at 100 kHz simplifies filtering over a wide frequency range to provide a stable rail for low-power circuitry in battery-operated applications. Quiescent current of 20 µA no-load, 100 µA full-load, and 0.3 µA in standby help maximize efficiency under all operating conditions. 

×