ST Life.augmented

カルロ・ボゾッティ(CEO)

CARLO BOZOTTICARLO BOZOTTI (カルロ・ボゾッティ)
社長 兼 最高経営責任者 (CEO)


 

2005年3月、STの最高経営責任者(CEO)に就任。 経営取締役会の唯一のメンバーで、経営戦略委員会の会長を兼務。

1977年、STマイクロエレクトロニクス(以下ST)の前身であるSGS-ATES(社名変更後:SGS Micrelettronica)に入社。 1987年、SGS-ATESの親会社であるSGS Microelettronica(イタリア)とThomson Semiconducteurs(フランス)が合併し、ヨーロッパにおける主要半導体メーカー SGS-THOMSON Microelectronics(現在世界トップクラスの半導体メーカーであるST)が誕生。それに伴い、テレコム製品事業部のジェネラル・マネージャに就任。 その後、戦略マーケティング&キー・アカウント部門のディレクターを経て、アメリカ地域を統括する上級副社長に昇格。 1994年、ヨーロッパ地域と世界のセールス・マーケティングを統括する上級副社長に就任し、ヨーロッパ地域でのセールス・マーケティング統括に加え、主要顧客ならびにワールドワイドの戦略マーケティングを指揮。1998年から2005年まで、メモリ製品グループ担当のコーポレート・バイスプレジデント 兼 ジェネラル・マネージャを務める。

欧州委員会が2010年に設置したHLG(High-Level Group on Key Enabling Technologies)ならびに2013年に設置したELG(Electronics Leaders Group)のメンバーを務める。

1952年、イタリアのミラノ近郊に位置するノヴィリオ(Noviglio)生まれ。イタリアのパビーア大学(University of Pavia)にて電子工学を専攻。

2014年1月

 

English FlagVersion
  
French FlagPDF FormatVersion
  
Italian FlagPDF FormatVersion

 

Feedback Form
Customer Feedback