ST Life.augmented
sense_power

IGBT

ブレークダウン電圧が350 V~1300 VであるSTのIGBTは、独自技術によってスイッチング性能とオンステート動作のトレードオフを最適化し、モータ制御、太陽光発電、UPS、車載、誘導加熱、溶接、照明、およびその他のアプリケーションにエネルギー効率の良いより優れた総合的なシステム設計をもたらします。

STのIGBTポートフォリオの主な特徴には以下のものなどがあります。

  • 伝導損失を低減させた低いVCE(SAT)
  • 温度上昇に対するスイッチオフ・エネルギーの拡散を改善してスイッチング損失を低減
  • 設計の簡素化と容易なパラレル化のための狭いパラメータ分布
  • 電力損失の改善と温度管理の最良化のために、調整済みアンチパラレル・ダイオード・オプションをパッケージに実装

これらのIGBTは、白物家電に最適な標準パンチスルー技術と、テール電流を最小化した極めて高速なターンオフ時間、温度安定性のある動作、および低いVCE(SAT)を実現する新しく導入されたトレンチゲート・フィールドストップ技術の両方に基づいており、温度による正のディレーティングと相まってアプリケーションの効率を向上させます。

650 V IGBT HBシリーズ

650 V IGBT HBシリーズ
独自の高度なトレンチゲート・フィールドストップ(TGFS)構造を利用したSTの650 V IGBT HBシリーズは、極めて低い飽和電圧(Vce(sat)=1.6 V)、最小のターンオフ・テール電流、および175℃の最高動作温度を兼ね備え、ソーラー・インバータ、溶接機、UPS、PFCなどの高周波アプリケーションの効率を向上させます。 温度に対して正の VCE(sat)のディレーティング特性と、各種パラメータを厳密に制御することで、大規模な電力要件への対応を目的とした複数IGBTの安全な並列動作と設計の簡素化が可能です。
Feedback Form
Customer Feedback