ST Life.augmented
sense_power

オペアンプ

STのオペアンプ製品郡は、高性能、低消費電力、高精度、省スペースパッケージなど幅広い製品ポートフォリオを有し、様々な設計のご要望にお答えします。

  • 最小消費電流2µAの超低消費オペアンプにょる製品ポートフォリオの拡張
  • 標準オペアンプおよび高性能オペアンプの安定供給が可能
  • DFN、QFN、SOT-23、SC-70などの省スペース型パッケージ

STの高精度オペアンプ・ソリューションには、温度変動に対してドリフト量が極めて少ないゼロドリフト・オペアンプと低オフセット・ドリフトのオペアンプがあります。STの高精度オペアンプは、ガス、温度、圧力、位置センサなど、あらゆるセンサでの使用に最適です。

STの低消費電力オペアンプ・ソリューションには、幅広く使用される汎用デバイスも含まれます。また、高精度品、スタンバイ機能、小型パッケージなどのアップグレード・オプションも用意されておりデザイン性の向上に寄与します。

STのオートモーティブ・グレード製品はAEC-Q100の認証を受けた、高信頼性フローで試験されており、自動車市場特有の厳格な要求を満たしています。

一部のオペアンプは無料サンプルをご利用いただけます。お客様のアプリケーションに適したオペアンプを見つけて、お試しください。

オフセット、ドリフト、CMRR、PSRR、およびノイズの抑制方法については、Googleハングアウトをご利用ください。

TSV7シリーズ:高精度(200µV)& 低消費電力(10µAまたは60µA)オペアンプ

TSV711TSV712TSV714TSV731TSV732TSV734シリーズのシングル、デュアル、およびクワッドチャネル・オペアンプは、低電圧での動作(1.5 ~ 5.5 V)、レール・ツー・レールの入出力、および優れた精度(25℃でのVIOは200μV未満)を実現します。小型パッケージでの提供が可能なこれらの低消費電力デバイスは、STの5V CMOSプロセスを使用しており、入力バイアス電流が極めて低く、また優れた速度/消費電力比をもたらします。TSV7シリーズはウェアラブル、携帯型コンスーマ、医療、および産業分野におけるバッテリ駆動アプリケーションでのセンサ・インタフェースやアクティブ・フィルタリングに最適です。

TSX711:高精度 & 低消費電力16V CMOSオペアンプ

TSX711は低消費電力でオフセット電圧は200µV未満です。TSX711はレール・ツー・レール入出力特性と広い動作電源電圧範囲(2.7V ~ 16V)を持つため、様々な用途に使用されます。TSX711はまた、動作温度範囲が-40℃ ~ 125℃で4kVのESD耐圧を持ち、車載グレードをご準備しています。TSX711は小型のSOT-23パッケージで提供されます。