ST Life.augmented
sense_power

スマート・リセットIC

STのスマート・リセット ICは、既存のボタン機能を拡張することができます。そのため、ユーザーは反応しなくなった機器について1つまたは2つのボタンを同時に長押しすることでリセットできます。 これらのデバイスは、以下のようないくつかの便利な機能を統合しています。

  • 特定のリセット・ボタンを必要とせず、–既存の1つまたは複数のボタンの組み合わせを使用可能
  • ボタンを誤って短時間押してもシステムがリセットされないようにする、5~10秒にカスタマイズ可能な入力遅延時間
  • リセット信号を送るための1つのボタンまたは同時に押す2つのボタンの組み合わせの選択
  • バッテリを取り外せないアプリケーションのサポート
  • ボード・サイズへの影響を最小に抑える超小型パッケージ(DFNおよびUDFN) 

Smart reset brings a real value to battery operated applications

Smart reset™ ICs allow to reset a frozen or locked up electronic device without having to remove the battery or access a dedicated reset button by extending the functional capability of the existing buttons. Users can simply reset their frozen device with a long push of one SR1 or two SR2 buttons simultaneously, depending on the device configuration. With a programmable delay to avoid accidental resets, these ICs save space and cost for equipment manufacturers, and significantly increase convenience for the user.

Smart reset bring a real value to battery operated applications, such as wearable devices, whose human to machine interface is built up with a touch screen or just a few mechanical buttons (1 or 2 for ex). By providing hidden functionality, smart reset bring a significant contribution to product friendly design while preventing from end-user misuse or by adding easy access to extra features (not only limited to system reset, but also shortcut, data saving or synchronization, low power mode entry.)