ST Life.augmented
sense_power

低消費電力RFソリューション

STの低消費電力RFソリューションは、Bluetooth、Bluetooth SMART、およびサブGHz帯近距離無線の各技術を基本としています。

Bluetooth無線IC

STのBluetooth無線ICはBluetooth 4.0、3.0、および2.1の各仕様に準拠しています。  

BlueNRG

STのBlueNRG超低消費電力ネットワーク・プロセッサは、Bluetooth Smartソリューションとも呼ばれるBluetooth  low energy (Bluetooth LE , BLE)に対応しており、Bluetooth LEのマスタ・スタックとスレーブ・スタックを内蔵しています。また、クラス最少クラスの低消費電流で優れた無線リンク性能を実現できるほか、不揮発性のオンチップ・メモリを搭載していることから容易で迅速なファームウェア・アップグレードが可能であり、ソリューションを常に最新の状態に維持する事できます。

Bluetoothモジュール

STのBlueモジュールは、最新のBluetooth ClassicスタックV3.0(Seattle)プロトコルをサポートしており、Bluetoothラジオ、Bluetoothマイクロコントローラ、およびBluetoothドライバを完全なBTモジュール上に実装するスタンドアロンの内蔵BTソリューションを備えています。 

サブGHzt帯近距離無線通信

SPIRIT1 RFトランシーバはスマートメーターやセンサーネットワークなどに使用されるサブGHz帯のRFアプリケーション向けRFICです。 169MHz、315MHz、433MHz、868MHz、および920MHzのISM周波数帯およびSRD周波数帯で動作するように設計されていますが、他の周波数で動作するようにプログラミングすることも可能です。

Wi-Fiモジュール

Wi-Fiモジュールは、IoTデバイスとスタンドアロンの802.11 b/g/nにプラグ・ダンド・プレイを容易に統合できるソリューションを、全面的にハードウェアまたはソフトウェアで構成し、手ごろな価格で提供します。
Feedback Form
Customer Feedback