ST Life.augmented
sense_power

iNEMO慣性モジュール

iNEMO慣性モジュールは、複数の異なるタイプのセンサを集積しており、個別のMEMS製品に比べて、より小型かつ堅牢で取り付けやすいソリューションとなっています。iNEMO慣性モジュールは、適用するソリューションによっては、フットプリントを最大85%削減しながらも精度と信頼性の向上したセンサ性能を提供します。STのiNEMOによるハードウェアおよびソフトウェア・ソリューションには以下が含まれています。

  • 加速度センサ、ジャイロ・センサ、および地磁気センサを、モノリシックの6軸または9軸ソリューションに統合した、システム・イン・パッケージ(SiP)。
     
  • STM32マイクロコントローラを搭載し、ユーザがすぐにプログラムして使用することが可能な、9軸IMUのiNEMO-M1システム・オン・ボード。
     
  • iNEMO Engineとは、専用のフィルタおよび予測アルゴリズムに基づくSTのセンサフュージョン・ソフトウェア・パッケージです。このiNEMO Engineは、複数のセンサから得たさまざまなデータを環境条件から独立したスマートな方法で比較し、最高のパフォーマンスを実現します。

iNEMOによるハードウェアおよびソフトウェア・ソリューションの完全なポートフォリオは、高度なジェスチャ認識 / ゲーム、AR(拡張現実)、屋内ナビゲーション、位置情報に基づくサービスなど、最も厳しい用途に対して必要なレベルのモーション・センシング・システムを提供します。

携帯型機器の高感度化、及び動作時間の延長

6軸慣性モジュール・センサ業界最小の消費電力要件、超小型パッケージ、および前例のない設計柔軟性を備えた常時オンの6軸慣性モーション・センサの新しいファミリ。 

この新製品ファミリは、センサに関連する全ての機能と顧客特有のアプリケーション・ソフトウェアをチップ上で実行できる他、既存ソリューションよりも最大40%も低消費電力化されています。

LSM6DS1LSM6DB0は、地磁気センサや環境センサ等と連動して動作するセンサ・ハブを含んでいます。 一方、LSM6DS0は、センサ・ハブ機能を持つベースバンド・チップに最適で、6軸の卓越した性能を発揮します。 全てのセンサがベースバンド・チップには依存せず、あらゆるアプリケーション・プロセッサで動作します。 

Feedback Form
Customer Feedback