ST Life.augmented

新闻稿

STマイクロエレクトロニクス、32bitマイコンSTM32バリュー・ラインの新製品を32セントで提供

ARM® Cortex™-M0ベースのSTM32F030 バリュー・ラインが、32bitマイコンの設計メリットを低予算プロジェクトにも提供
ジュネーブ発 /
多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE: STM、以下ST)は、最新の32bitマイクロコントローラ(以下マイコン)であるSTM32F030バリュー・ラインを発表しました。この最新製品は、大量購入時の単価が0.32ドルという低価格のため、低予算プロジェクトに理想的です。一方、ハードウェアおよびソフトウェア互換性のあるSTの32bitマイコン・ポートフォリオにアクセスできることから、将来的な性能向上や製品拡張を視野に入れた開発にも最適です。

新しいSTM32F030バリュー・ラインは、48MHzで動作するARM® Cortex™-M0コアをベースとしています。同製品は競合製品と異なり、低速コアの採用やペリフェラルの減少といった性能や機能を犠牲にすることなく、8bitマイコン並の価格を実現しています。

STのマイクロコントローラ事業部ジェネラル・マネージャであるMichel Buffaは、次の様にコメントしています。「この新製品ラインにより、エントリ・レベルのアプリケーションは、これまで以上に32bitマイコンを利用した開発ができるようになります。技術者は、高レベルの抽象化で効率的な作業ができ、強化されたハードウェア機能を利用してソフトウェアを簡略化することができます。ARM開発者のコミュニティやエコシステムを活用できるという点も、8bitマイコンの環境からSTM32バリュー・ラインへ移行する大きな要因となります。」

STの新バリュー・ラインのコンセプトは強力な基本仕様を中心に据えており、これによってコンポーネント選択と製品差別化を効果的に合理化することができます。全5品種で構成されるSTM32F030バリュー・ラインは、 Flashメモリ容量16KB、RAM容量4KB、20ピン・パッケージの製品から、最大Flashメモリ容量64KB、最大RAM容量8KB、32 / 48 / 64ピン・パッケージの製品までが用意されています。全品種が、12bit ADコンバータ(1Msample/s)、1.2V内部基準電圧、通信ペリフェラル、温度センサ、タイマを搭載し、ADコンバータ同期、デッドタイム管理、モータ制御用のPWM(パルス幅変調)タイミング制御に対応しています。STM32F030バリュー・ラインは、48MHzというコア周波数に加え、これらの豊富なペリフェラル・セットにより、その他エントリ・レベルの32bitマイコンと差別化されています。内部RTCと5チャネルのダイレクト・メモリ・アクセス(DMA)も、この価格帯の他のマイコンでは一般的に提供されていない機能で、アプリケーション開発と性能向上に役立ちます。

さらに、開発者は、Cortex-M0 / M3 / M4ファミリ間でピン配置・ソフトウェア・ペリフェラル互換性があリ、360品種以上で構成されるSTのARM Cortex-Mマイコン・ポートフォリオへの足がかりを得ます。

現在、STM32F030バリュー・ラインは、サンプル出荷中で、 2013年第3四半期に量産を開始する予定です。

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、「センス & パワー、オートモーティブ製品」と「エンベデッド・プロセッシング ソリューション」の多種多様なアプリケーションに半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。エネルギー管理・省電力からデータ・セキュリティ、医療・ヘルスケアからスマート・コンスーマ機器まで、そして、家庭、自動車、オフィスおよび仕事や遊びの中など、人々の暮らしのあらゆるシーンにおいてSTの技術が活躍しています。STは、よりスマートな生活に向けた技術革新を通し、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。

2012年の売上は84.9億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト(www.st-japan.co.jp)をご覧ください。
 

Feedback Form
Customer Feedback