19のパートナーが参加 • FD-SOI製造パイロットラインをグルノーブルとドレスデンの2ヵ所に設置 • ENIAC JUおよび政府機関がPlaces2Beを支援 " />
ST Life.augmented

Press Release

「Places2Be」プロジェクト、高速・低発熱・シンプルなFD-SOI技術に関するヨーロッパのリーダーシップを強化

  • STが主導する3.6億ユーロのプロジェクト(期間3年)に、ヨーロッパから19のパートナーが参加
  • FD-SOI製造パイロットラインをグルノーブルとドレスデンの2ヵ所に設置
  • ENIAC JUおよび政府機関がPlaces2Beを支援
ブリュッセル発 /
ヨーロッパの主要企業および学術機関を含む、19の企業・学術機関で構成されるグループは、完全空乏型SOI(FD-SOI)技術の産業化を支援するため、3億6000万ユーロ規模の先端技術パイロットライン・プロジェクト(期間3年)である「Places2Be」を開始したことを発表しました。

Places2BePilot Lines for Advanced CMOS Enhanced by SOI in 2x nodes,Built in Europe)は、多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE: STM、以下ST)が主導しており、28nmならびに28nm以降のFD-SOIパイロットラインの実現の他、ヨーロッパでの大規模生産を可能にするデュアルソース展開へのサポートを目的としています。Places2Beは、ヨーロッパにおけるFD-SOIプラットフォームを使用したマイクロエレクトロニクス設計エコシステムを牽引し、同技術の新たなステップ(14/10nm)に向けた取り組みを行います。

FD-SOIは、従来のバルク・シリコンとFinFETに代わる、低消費電力かつ高性能な次世代技術です。FD-SOIを採用した最初のシステム・オン・チップは、コンスーマ機器、高性能コンピューティング / ネットワーキング分野での利用が見込まれています。

 

3.6億ユーロの予算と、7カ国から19の企業・学術機関、そしてヨーロッパ各地で3年間にわたり約500名の技術者が参加する予定のPlaces2Be は、ENIAC JU(European Nanoelectronics Initiative Advisory Council Joint Undertaking)が実施する過去最大のプロジェクトで、参加国の政府機関からの支援も受けています。Places2Beは、ENIAC JUが契約しているKey Enabling Technologies(KET)パイロットライン・プロジェクトの1つで、社会に大きく貢献する技術ならびに応用分野の開発を目的としています。

 

このプロジェクトにおけるFD-SOIの製造拠点は、ヨーロッパ最大のマイクロエレクトロニクス・クラスタの2ヵ所に設けられます。先行量産ラインとしてSTのクロル工場(フランス、グルノーブル近郊)、そのデュアル・ソースとしてGlobalFoundriesのファブ1(ドイツ、ドレスデン)が利用されます。

 

STのR&D協業プログラムのディレクターで、プロジェクト・コーディネータでもあるFrancois Finckは、次の様にコメントしています。「Places2Beは、グルノーブルおよびドレスデンの両クラスタのエコシステムを強化すると同時に、ヨーロッパにおけるマイクロエレクトロニクスのバリュー・チェーン全体(大企業、中小企業、新興企業、研究機関)にポジティブな影響を与えるでしょう。この影響は、材料やIP投資がもたらす直接的な効果をはるかに超えるものです。

 

注記

 

Places2Beのメンバー (アルファベット順)

  • ACREO Swedish ICT AB(スウェーデン)
  • Adixen Vacuum Products(フランス)
  •  Axiom IC(オランダ)
  • Bruco Integrated Circuits(オランダ)
  • Commissariat a l'energie atomique et aux energies alternatives(フランス)
  • Dolphin Integration(フランス)
  • Ericsson AB(スウェーデン)
  • eSilicon Romania S.r.l.(ルーマニア)
  • Forschungzentrum Juelich Gmbh(ドイツ)
  • GlobalFoundries Dresden(ドイツ)
  • Grenoble INP(フランス)
  • IMEC Interuniversitair Micro-Electronica Centrum vzw(ベルギー)
  •  Ion Beam Services(フランス)
  • Mentor Graphics France Sarl(フランス)
  • SOITEC SA(フランス)
  • ST-Ericsson
  • STMicroelectronics(Crolles2 SAS, SA, Grenoble SAS)(フランス)
  • Universite Catholique de Louvain(ベルギー)
  •  University of Twente(オランダ)

 

参加国

  • ベルギー
  • フィンランド
  • フランス
  • ドイツ
  • ルーマニア
  • スウェーデン
  • オランダ

 

FD-SOIについて
FD-SOIは、「Fully-Depleted Silicon-On-Insulator: 完全空乏型シリコン・オン・インシュレータ)」の略称です。この技術は、トランジスタ・チャネルの静電制御を改善し、トランジスタの性能ならびに電力効率を向上させるものです。Places2Beでは、超薄型ボディと埋込み酸化膜(UTBB)を備えたFD-SOIを使用しており、動作中に、低出力から高速まで、トランジスタ性能のダイナミック・チューニングを可能にします。

同技術の紹介ビデオは、下記URLでご覧いただけます。http://www.youtube.com/watch?v=uvV7jcpQ7UY


eniac logoENIAC JUについて
ENIAC JUは、ENIAC加盟国、欧州連合、AENEAS(Association for EuropeanNanoelectronics Activities)を含む官民パートナーシップです。

ENIAC JUは、デバイスの高集積化や小型化の推進、ならびに機能性向上に向けた研究活動をコーディネートしています。ENIAC JUは、新しい材料、装置およびプロセス、新アーキテクチャ、革新的な製造プロセスや設計手法、新しいパッケージング技術や体系化手法を実現しようとしています。また、通信・コンピューティング、輸送、ヘルスケア・医療、エネルギー・環境管理、セキュリティ・セーフティ、エンターテイメント等の分野において、革新的なハイテク・アプリケーションを推進することで、ENIAC JU自身の活性化にもつながります。

2008年2月に設立されたENIAC JUは、2013年を通して助成金の割り当てを行う予定です。助成金対象プロジェクトは、2017年12月31日まで実施されます。ENIAC JUが関連する研究開発活動の総額は、30億ユーロ(推定)にのぼります。

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、「センス & パワーとオートモーティブ製品」部門と「エンベデッド・プロセッシング ソリューション」部門の多種多様なアプリケーションに半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。エネルギー管理・省電力からデータ・セキュリティ、医療・ヘルスケアからスマート・コンスーマ機器まで、そして、家庭、自動車、オフィスおよび仕事や遊びの中など、人々の暮らしのあらゆるシーンにおいてSTの技術が活躍しています。STは、よりスマートな生活に向けた技術革新を通し、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。

2012年の売上は84.9億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト(www.st-japan.co.jp)をご覧ください。

ENIAC JUへのお問い合わせ先:

ENIAC JU
Elodie Michaud
Communication Officer

Tel : +33 1 40 64 45 80
E-Mail: michaud@aeneas-office.eu

Feedback Form
Customer Feedback