ST Life.augmented

Press Release

STマイクロエレクトロニクス、プログラム可能なモーション検知機能を備えた超小型MEMSマルチ・センサ・モジュールを発表

6種類の検知項目と各種機能を約10mm3に内蔵した新しいiNEMO®

ジュネーブ発 /

エレクトロニクス分野の多種多様なアプリケーションに半導体を提供する世界的半導体メーカーで、コンスーマ・携帯型機器向けMEMS(Micro-Electro-Mechanical Systems)の主要サプライヤ1であるSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、カスタム・モーション検知機能を特徴とした、小型6軸マルチ・センサ・モジュールを発表しました。慣性モジュールであるiNEMO®の最新製品は、スペースに制約があり消費電力が大きい今日の携帯型コンスーマ機器において、優れた使用感とよりリアルなモーション検知を実現すると共に、スポーツ / フィットネス / ヘルスケア機器等、ウェアラブル・センサ・アプリケーションの開発期間を短縮します。

マルチ・センサ・モジュールLSM330は、デジタル出力の3軸ジャイロ・センサおよび3軸加速度センサに加え、カスタム・モーション検知を可能にするプログラマブル・ブロックである2つのステート・マシンをモジュール内に実装しています。プログラム可能なステート・マシンにより、近くの対象物の方向に携帯を動かすことによって、その対象物に関する拡張現実の表示をオンにする等、特定のモーションやジェスチャを識別して対応する動作やアプリケーションを開始することができます。MEMSセンサに統合された処理能力は、バッテリ消費量の大きい携帯型機器における消費電力の低減に役立つと共に、モーション対応のコンスーマ機器設計に自由度と柔軟性を提供します。
 
STの最新のマルチ・センサ・モジュールは、ピッチ / ロール / ヨー軸2において、最大16gの加速度と、最大2,000 dpsの角速度を検出します。高分解能の加速度・角速度検知を単一デバイスに集積したことによってシステムの堅牢性が向上し、先進的なモジュール設計が、熱や機械的負荷に対する卓越した安定性を保証します。LSM330は、ウェアラブル・センサ、屋内外ナビゲーション用のモーション検知とマップ・マッチング、拡張現実およびその他の位置情報に基づくサービス等、スマートフォンやタブレットにおけるモーション・ベースのユーザ・インタフェースを含む広範なアプリケーションを対象としています。 

このモジュールは、バッテリ駆動の携帯型機器における消費電力の制約に対処するため、パワーダウン / スリープ・モードを搭載すると共に、FIFO(first-in first-out)メモリ・ブロックを内蔵しており、きめ細かな電源管理が可能です。また、動作電源電圧は2.4~3.6 Vです。

新しいiNEMOモジュールは、最新の3軸加速度センサ(LIS3DSH)およびジャイロ・センサ(L3GD20)と完全なソフトウェア互換性があるため、STの単体センサのユーザは、新しいマルチセンサ・モジュールを使用した設計へと容易にアップデートすることができます。また、基板サイズの縮小、外付け部品数の低減、および全体的なアプリケーション・システムの簡略化が可能になります。

6DoF(degrees of freedom)対応のLSM330は、超小型LGAパッケージ(3 x 3.5x 1mm)に実装され、2012年第4四半期にサンプル提供を開始する予定です。単価は1,000個購入時に約4.15ドルです。大量購入時の単価については、STのセールス・オフィスまでお問い合わせください。

STのMEMS製品の詳細は、www.st.com/memsをご覧ください。

高解像度画像(300dpi)ダウンロード

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、Sense & Powerおよびマルチメディア・コンバージェンス分野の多種多様なアプリケーションに半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。エネルギー管理・省電力からデータ・セキュリティ、医療・ヘルスケアからスマート・コンスーマ機器まで、そして、家庭、自動車、オフィスおよび仕事や遊びの中など、人々の暮らしのあらゆるシーンにおいてSTの技術が活躍しています。STは、よりスマートな生活に向けた技術革新を通し、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。
2011年の売上は97.3億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト(" type="">www.st-japan.co.jp)をご覧ください。

1 IHS iSuppli「H2 2011 Consumer and Mobile MEMS Market Tracker」、2012年2月
2 ピッチ、ロール、およびヨーは、回転運動の種類です。ヨーは垂直軸に対する回転、ロールは前後軸に対する回転、ピッチは左右軸に対する回転です。

Feedback Form
Customer Feedback