ST Life.augmented

Press Release

STマイクロエレクトロニクス、スマートフォンのような操作性をシンプルな電化製品で実現する革新的な開発プラットフォームを発表

32bitマイコンSTM32に最適化されたJava環境が、汎用的な電子機器へのGUI機能の向上と製品開発期間を短縮
ジュネーブ発 /
多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE: STM、以下ST)は、シンプル、低価格、高機能な電子機器の魅力や利便性を高める革新的なソフトウェアとマイクロコントローラ(マイコン)が利用可能になったことを発表しました。
STM32Javaは、非常に高い効率を実現した32bitマイコン STM32を搭載したキッチン用電化製品、事務機器、産業用機器、医療機器等に、先端的なグラフィカル・ユーザ・インタフェース(GUI)を作成する効率的なツールボックスを提供します。このツールボックスは、モバイル業界で使用されている設計手法をそのまま利用できるため、遠隔センサのような「モノのインターネット(Internet of Things: IoT)」向けの小規模なM2M通信アプリの構築にも最適です。

STM32Javaでは、STM32に最先端のJavaソリューションが内蔵されています。STM32Javaは、Javaコンパイラ、STM32に最適化された複数のJavaプラットフォーム、標準ライブラリおよび関連ツール、JavaとCをシームレスに接続するための手段、機能を正確にシミュレートするシミュレータ、スタータ・キット、ならびにあらかじめ規定された量産用のSTM32型番により、統合された開発環境を提供します。

STの組込み型Javaプラットフォーム専用Webサイト(http://www.stm32java.com)には、技術者がSTM32Javaを使用したアプリケーション開発に必要なあらゆるリソースを提供します。それらのリソースには、ソフトウェアや評価ボード、無料ダウンロード・ソフト、ビデオ、文書、サポート等が含まれます。

STは、業界を代表するJavaプラットフォーム・ベンダのIS2T社と協力し、ソフトウェアをSTM32に完全に適合させました。STのロイヤリティを含むSTM32(STM32J)は、優れたコスト効率かつ短期間での新製品開発を可能にする簡略化されたビジネス・モデルを顧客に提案します。
STのマイクロコントローラ開発ツール・マネージャであるDominique Jugnonは、次の様にコメントしています。「リソースが限られた超小型システムでも、スマートフォンの様に分かりやすく、直感的、かつ魅力的なユーザ・インタフェースの搭載が可能になりました。STM32Javaは、製品開発者の目標を実現する品質を備えた初の開発プラットフォームです。」

2012年5月に発表した画期的なスタータ・キットであるSTM3220G-JAVAに続くSTM32Javaは、ロイヤリティを含むマイコンのサポートにより、組込み機器向けのJavaアプリを構築する上で必要な全てのものを顧客に提供する完全な開発環境です。

STM32Javaの価格は、1台あたり年間2600ドルです。

組込み機器向けJava開発について
STM32Javaは、従来のプログラミング言語(C等)より、本質的にGUI開発に適したJavaオブジェクト指向プログラミング(OOP)を組込みシステムの開発者へ提供します。オブジェクト指向であるため、Javaアプリケーションのサポートとメンテナンスも簡略化されます。

STM32Javaには、ウィジェット・ライブラリ等のライブラリや、絵コンテ作り、フォント設計、開発者がGUIの動作を素早く規定して最適化できるPC上でのシミュレーション等の機能を持つツールが含まれています。シミュレーション・ツールは、ターゲット・ハードウェア用にコンパイルしたものと全く同じJavaコードを使用しており、PC上でのGUIの迅速な評価が可能になります。

STM32Javaを用いた開発には、RAM使用方法の最適化、実行時の例外チェック、エンジニアリングの生産性を上げて製品開発期間を短縮する設計・開発・デバッグ・サポートといった、多くのメリットもあります。さらに、技術者はコンパイルしたJavaコードをバイナリ・レベルで移植できるため、広範なプロジェクトにわたるソフトウェア開発投資を活用することができます。


高解像度画像(300dpi)ダウンロード

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、「センス & パワー、オートモーティブ製品」と「エンベデッド・プロセッシング ソリューション」の多種多様なアプリケーションに半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。エネルギー管理・省電力からデータ・セキュリティ、医療・ヘルスケアからスマート・コンスーマ機器まで、そして、家庭、自動車、オフィスおよび仕事や遊びの中など、人々の暮らしのあらゆるシーンにおいてSTの技術が活躍しています。STは、よりスマートな生活に向けた技術革新を通し、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。

2011年の売上は97.3億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト(www.st-japan.co.jp)をご覧ください。
Feedback Form
Customer Feedback