ST Life.augmented

継続する「ムーアの法則」

FD-SOIは、プレーナ型のプロセスと設計により、継続性を確保
プレーナ型技術であるFD-SOIは、従来CMOSのプレーナ型バルク技術と同様の設計ルールを使用するため、既存の設計を短期間かつ容易にFD-SOIへ移植することが可能です。

FD-SOI製造プロセスは、代替プロセスと比較するとシンプルで、既存の製造設備とプロセスを幅広く活用することができるため、大規模な投資が不要です。

FD-SOIで継続する「ムーアの法則」
「ムーアの法則」は、単にチップ上に集積できるトランジスタ数を増加させる能力だけでなく、経済的な実現性も含んでいます。トランジスタの微細化を継続するための複雑な技術導入は、新しいプロセス・ノードの採用による製品価格の上昇を促し、現在の産業における採算性を破綻させる可能性があります。

FD-SOIに用いるの生ウエハはバルク用よりも高価ですが、製造プロセスがシンプルなため、最終的なFD-SOI製品は代替製品以上の性能を確保すると同時に、低コストを実現することができます。

 

Feedback Form
Customer Feedback