ST Life.augmented

IO-Linkアソシエーション(IO-Linkスタンダード)

IO-Linkは、センサとアクチュエータの間のインテリジェント通信を実現する新しい通信インタフェースです。 代表的なインテリジェント・アクチュエータおよびセンサは、単一ソレノイド・バルブと光/静電容量/誘導センサです。 IO-Linkの利点は、インタフェースがオートメーション環境にオープン統合されていることです。 したがって、各フィールド・バス・システムに統合することができます。 センサとアクチュエータは、経済的な標準ケーブルを使用したポイント・ツー・ポイント接続によって最後の数メートルで接続されています。

STの実績と製品

STはIO-Linkコンソーシアムの創設メンバーであり、現在も積極的に協力しています。 STは、デバイスおよびマスタ・アプリケーション用のスマート・トランシーバ・ソリューションを提供しています。 デバイス・トランシーバは、アプリケーションのニーズに応じて電流レベル、診断情報、およびフィルタのタイミングをプログラミングできます。 COM1、COM2、およびCOM3をサポートするRx/Txトランスミッション、DC-DCパワー・マネージメントを含んでおり、電源の逆接から完全に保護されています。 マスタ・アプリケーション向けのトランシーバ・ソリューションはシングル・ポート・ソリューションに基づいており、超小型QFNパッケージに組み込まれています。 また、デバイス・ソリューションと同じ柔軟性を提供します。 STは、先進的なQFNパッケージとBCDVIミックスド・シグナル技術により、IO-Linkシステム向けのコスト競争力のあるソリューションに貢献しています。トランシーバ・ソリューションに加え、STはデバイスおよびマスタ・アプリケーション向けの完全なシステム・ソリューションを提供できます。

模様 支援

トップ

Technical Documentation

Application Notes

Description Version Size
pdf
AN2813: TDE1708DFT in IO-Link applications
1.2 375 KB
Feedback Form
Customer Feedback