ST Life.augmented

ブラシレスDC・ベクター駆動

ベクター制御(磁界方向制御(FOC)とも呼ばれます)は、可変周波数ドライブで使用して3相AC電動モータのトルク、したがって最終的には回転速度を制御する方法です。 この方法は、特にモータ電流の測定とそれに引き続いて行われる、機械のロータとともに回転する座標系への変換を意味します。 このリファレンス・フレーム変換を実行するには、ロータの位置を直接的に測定するか(実際の速度/位置センサによる)、または間接的に推定する(センサレス手法)必要があります。
ベクター制御は、そのためのHW周辺機器の用意とスカラー制御より時間がかかる計算を必要とする一方、動的な応答(回転速度制御での負荷の変化に対するものなど)に優れ、機械のトルク・レギュレーションの精度が高く、多くの場合に動作音が小さくなります。
一般に、コスト効率に優れた32bitのマイクロコントローラがこのタイプのドライブを扱うことができます。

模様 支援

トップ

Technical Documentation

User Manual

Description Version Size
pdf
UM0486: STM3210B-MCKIT motor control starter kit
3.2 651 KB

Publications and Collaterals

Magazine

Description Version Size
htm
Dual motor FOC secured by robust programming with STM32 PMSM SDK
0 KB
pdf
Standard MCU simplifies efficient motor control
0 KB

Conference Paper

Description Version Size
pdf
Comparison of low-cost-implementation sensorless schemes in vector controlled adjustable speed drives
773 KB
Feedback Form
Customer Feedback