ST Life.augmented
mmc

Proximity Sensors

STは、高精度近接センサの新しい世代を提案するために、Time-of-Flight(ToF)の原理を利用してFlightSenseTMと呼ぶ独自の技術を開発し、特許を取得しました。

FlightSenseTM技術をベースにした製品は、近接センサSPAD(Single Photon Avalanche Diode)アレイ、周辺光センサ(ALS)、および近接センサ機能が使用するVCSEL(Vertical Cavity Surface-Emitting Laser)を統合したモジュールにパッケージされるため、製品の統合が極めて容易になります。

STの高度な画像処理プロセスと大容量パッケージング・ソリューションを使用するこの先進的な技術は、以下を必要とする幅広いアプリケーションに最適です。

  • 競争力のあるシステム・コスト
  • 超小型パッケージ・フットプリント
  • 低消費電力

FlightSenseTM技術は、対象物反射率と無関係に高精度の測距が要求される多くのアプリケーション領域で使用できます。従来のIR近接センサ・デバイスは同じ方法では絶対範囲測定を出力できません。

  • 通信およびコンスーマ:ブラウジング、リモート・コントロール、近接センシング、オートフォーカス補助
  • 生活家電:照明管理のためのジェスチャ、ロボット掃除機、玩具、ドリンキング・マシン
  • 車載用:ジェスチャによる車載コンピュータの制御
  • 産業用:測距および周辺光検出、ドア制御、ロボティクス

STのFlightSenseTM 測距センサの詳細についてはGoogleハングアウトをご利用ください。

近接センサ、ジェスチャおよび周辺光センシング機能を備えたTime-of-Flight 3イン1モジュール

STが特許を保有するTime-of-Flight技術であるFlightSense™に基づいて開発された、近接センサと周辺光センサを初めて完全に統合したデバイスであるVL6180Xを評価するための、完全な開発エコシステムが利用可能です。

STM32 NucleoボードとVL6180X拡張ボードを含む、2つの極めて使いやすいNucleo評価パックが利用可能です。P-NUCLEO-6180X1にはフル機能のSTM32F401マイクロコントローラが、P-NUCLEO-6180X2には超低消費電力のSTM32L053マイクロコントローラがそれぞれ含まれます。

最大3枚の外部追加型小型PCBであるVL6180X-SATELサテライトをこれらの拡張ボードに接続することによって、VL6180X近接センサをお客様のデバイスに直接統合することもできます。

これらの評価キットによってVL6180Xの機能と性能をよく理解し、お客様独自のアプリケーションの開発を始めてください。

Nucleo評価パックは、USB給電だけで独立して使用することも、PCに接続して先進的なGUIを使用することもできます。

STM32 Nucleoボードをフラッシュするためのバイナリ・コード、および、STM32Cube組込みソフトウェアに適合したサンプル・ソース・コードを含む、完全なファームウェア・パッケージ(X-CUBE-6180XA1)が利用可能です。

Feedback Form
Customer Feedback