ST Life.augmented
mmc

STM32L151ライン

STM32L151/152デバイスは、Cortex-M3コアおよび最大32MHzの柔軟なCPUクロックを使用することで、性能面で妥協せずに、超低消費電力の概念を広げます。動的実行モードおよび低消費電力実行モードと同様に、追加された2つの超低消費電力モードもまた、RTC、バックアップ・レジスタの内容、および低電圧検出器を維持したまま消費電力を極めて低く抑えます。

STM32L151/152デバイスは、オンボードの高速12bit ADC、1MSPS、USB 2.0FS、および静電容量タッチ・センシングにより、医療、産業、およびコンスーマ・アプリケーション向けに設計されています。SDIOおよびFSMCインタフェースを使用することで、メモリ領域を拡張することができます。

STM32L151/152は、最大8 x 40セグメントの統合されたLCDドライバを提供することで、アプリケーションのコストを削減し、設計量を低減させます。

STM32L151/152のポートフォリオは、32KB~384KBのFlashおよび48~144ピンのパッケージをカバーします。

STM32 L1 series of ultra-low-power ARM® Cortex®-M3 32-bit microcontrollers now ranges up to 512KB flash

The new 512KB STM32 L1 devices offer outstanding ultra-low power performance and target cost-efficient embedded designs in connected and battery-operated applications in fitness, healthcare, wearable, and industrial/metering domains. The NUCLEO-L152RE evaluation board supports Arduino™  connectivity and is mbed-enabled , allowing to tap into a rich ecosystem,  and to fast track your ultra-low power application development.

 

Feedback Form
Customer Feedback