ST Life.augmented
mmc

STM32F2x5

STのSTM32F205/215ラインは、高性能CPUコア、内蔵メモリ、および豊富な周辺回路を高度に集積し4 x 4 mmの小型パッケージに収めており、これらが求められる医療用機器、産業用機器、およびコンシューマ・アプリケーションに最適な製品です。

性能:120MHzで動作するSTM32F205/215は最高150 DMIPS/398 CoreMarkの性能を発揮します(内蔵Flashメモリからの命令実行時。ST独自のART Acceleratorにより、ゼロウェイト・ステートでFlashメモリアクセスを実行)。

電力効率:STの90nmプロセス、ART Accelerator、およびおよびダイナミック・パワー・スケーリングにより、Flashメモリから実行した場合の電流消費は120MHzでわずか175µA/MHzです。

充実のコネクティビティ、および革新的な周辺機能

  • 2 x USB OTG(1系統はHSをサポート)
  • オーディオ:専用オーディオPLLおよび2系統の半二重I²S
  • 最大15個の通信インタフェース(6 x USART [最大7.5 Mbit/s]、3 x SPI [最大30 Mbit/s]、3 x I²C、2 x CAN、SDIO)
  • アナログ:2 x 12bit DAC、3 x 12bit ADC(最高2 MSPSまたはインタリーブ・モードで6 MSPS)
  • 最大17個のタイマ:16bitタイマおよび32bitタイマ
  • Compact Flash、SRAM、PSRAM、NOR、およびNANDの各メモリをサポートするフレキシブル・スタティック・メモリ・コントローラ (FSMC)
  • アナログ式真乱数生成器
  • STM32F215はAES 128、AES 192、AES 256、Triple DES、およびハッシュ(MD5、SHA-1)でハードウェア・アクセラレーションを実現する暗号/ハッシュ・プロセッサも搭載

STM32F205/215ラインは、128KB~1MBのFlashメモリと最大128KBのSRAMを搭載し、64~144ピンの4 x 4mmパッケージに収めています。

Feedback Form
Customer Feedback