ST Life.augmented
mmc

STM32 L1シリーズ

超低消費電力マイクロコントローラ:STM32 L1シリーズ

STのARM® Cortex™-M3ベースのSTM32 L1シリーズは、ST独自の超低リーク・プロセス技術と革新的な自律型動的電圧スケーリングおよび5種類の低消費電力モードを使用して、あらゆるアプリケーションに適合する前例のない柔軟なプラットフォームを提供します。STM32 L1シリーズは、性能を損なうことなく、超低消費電力コンセプトを拡張します。

STM8Lも、超低消費電力ファミリの製品であり、同じ超低リーク・プロセス技術を使用しています。

STM32 L1シリーズは、超低消費電力マイクロコントローラであると同時に、機能、メモリ容量、およびパッケージのピン数に幅広い選択肢を用意しています。超低消費電力と優れたパフォーマンスを兼ね備えた製品ラインナップには、32~512KBのFlashメモリ(最大80KBのRAMおよび16KBの内蔵EEPROM)および48~144ピンのパッケージがあります。

この画期的なアーキテクチャ(電圧スケーリング、超低消費電力MSIオシレータ)により、きわめて限られた電源条件でも高性能な設計が可能になります。 USB、セグメントLCDインタフェース、オペアンプ、コンパレータ、高速オン/オフモードを備えたADC、DAC、静電容量方式タッチキー機能、AESなどの多彩な内蔵ペリフェラルにより、STM32 L1シリーズはお客様のあらゆる要求に適合する拡張可能なプラットフォームとなっています。

このシリーズには、STM32L100バリュー・ライン、STM32L151、STM32L152(セグメントLCDドライバ搭載)、およびSTM32L162(セグメントLCDドライバとAES-128に対応)の4つの製品ラインが用意されています。

ユーザーの移行を容易にし、ユーザーが必要とするあらゆる柔軟性を実現するために、STM32LはさまざまなSTM32Fシリーズと完全にピン配置互換であり、全面的にSTM32エコシステムに対応しています。

  • 超低消費電力モード:バックアップ・レジスタ(3ウェイクアップ・ピン)による300nAの消費電流
  • 超低消費電力モード+ RTC:バックアップ・レジスタ(3ウェイクアップ・ピン)による900nAの消費電流
  • 低消費電力実行モード:最小で9μA
  • 動的RUNモード:最小で230μA/MHz
Feedback Form
Customer Feedback