ST Life.augmented
mmc

STM8T 8bit マイクロコントローラシリーズ

STM8T143は、電荷移動方式の静電容量技術を組み込んだ、STのSTM8T静電容量近接およびタッチキー・コントローラ・ファミリの最新メンバです。STM8T143は、ガラスやアクリル・パネルなどの誘電体の後ろに置かれた電極(通常は銅パッド製または導電性ITO材料製)の近くにいる人体の静電容量を測定します。
 
STM8T143は1チャネルの8ピン・デバイスで、消費電流が極めて少なくなっています(約10µA)。システムのサンプリング・コンデンサと電圧レギュレータを内蔵して機器の感度を最適化するとともに、雑音の多い環境でのシステム耐性を強化しています。独自の電極寄生容量補償(EPCC)機能により、検出範囲は最大25cmとなっています。
 
STM8T143は、耳に近づいたことを検出する機能を携帯電話に提供してタッチスクリーン機能を無効化し、意図しないタッチによる通話中の誤作動を防ぎます。STM8T143は、機器がユーザに近づいたときにRF出力を低減する、タブレット向けFCC SAR(specific absorption rate)要件を満たす唯一のソリューションでもあります。
 
その他のさまざまな使用法には、オン/オフ・スイッチの置き換え/強化、ユーザ・インタフェース向けの近接時バックライト点灯、接近したことによる起動または制御機能、照明器具向けの暗がりで見つけるための機能、携帯型機器のバッテリを節約するためのコンパニオン・デバイスなどがあります。
Feedback Form
Customer Feedback