ST Life.augmented
mmc

STM32L0シリーズ

超低消費電力マイクロコントローラ STM32L0シリーズ


STM32L0は、アプリケーションの超低消費電力化を達成するように最適化されたマイコンです。ARM® Cortex®-M0+とSTM32独自の超低消費電力アーキテクチャを組み合わせたSTM32L0は、バッテリ駆動、エネルギー・ハーベスティングによる給電、その他低消費電力で動作するアプリケーションに最適です。また、STM32L0はSTM125℃動作時の消費電力が世界最小クラスです。

STM32L0は、ダイナミック電圧スケーリングによる高い電源効率と、ウェイクアップ時間の短縮、超低消費電力の内蔵クロック・オシレータ、LCDインタフェース、コンパレータ、D/Aコンバータ、16bit A/Dコンバータ(ハードウェア・オーバーサンプリング)、外付け水晶発振子を必要としないUSB、およびAES暗号エンジンなどを提供します。また、新しいUSART、I²C、タッチ・センス・コントローラなどの周辺機能は超低消費電力モードでも動作可能なため、ARM Cortex-M0+の負荷を低減するだけでなく、CPUがウェイクアップする回数および時間を減らし、処理時間の短縮と消費電力の低減に寄与します。

STM32L0は、最大192KBのFlash、20KBのRAM、および最大6KBの組込みEEPROM(エミュレーション不要)を搭載した20ピンから100ピンのパッケージ(最小パッケージはWLCSP25 / 2.097 x 2.493 mm)で提供されます。

  • 動作モード時の消費電流:最小87 μA/MHz
低消費電力モード時の消費電流
  • RAM全領域バックアップ + 低消費電力タイマ動作で440 nA(ウェイクアップ・ライン数:16)
  • バックアップ・レジスタ保持で250 nA(ウェイクアップ・ピン数:3本)
  • ウェイクアップ時間:3.5 µs

STM32L0 MCU series: a great and affordable ecosystem

STM32L0 MCU series: a great and affordable ecosystem

Free STM32CubeMX, a generator of initialization C-code for STM32 MCUs, based on a graphical user interface.
Free STM32CubeL0, embedded software including the Hardware Abstraction Layer (HAL) easing migration from any STM32 and a set of middleware components such as FreeRTOS and USB library.
Free STM32L0 Snippets, a set of 70+ free highly optimized C code examples. Reach lowest consumption, best performance and a minimum of memory footprint. CMSIS-compliant direct register access reduces code overhead to a minimum.

The NUCLEO-L053R8 board provides an affordable and flexible way for users to try out new ideas and build prototypes with any STM32 microcontroller line, choosing from the various combinations of performance, power consumption and features.The 32L053DISCOVERY discovery kit offers everything required for beginners and experienced users to get started quickly and develop applications easily.

STM32L0 users can now choose from three IDEs from leading vendors, which are free of charge and deployed
in close cooperation with ST. Users are given a choice between Eclipse-based IDEs such as CooCox CoIDE or
Ac6 System Workbench for STM32 and MDK-ARM environments.
 

Feedback Form
Customer Feedback