ST Life.augmented
sense_power

300-400V IGBT

高性能自動車点火システムのコイル・ドライバとして使用されるこれらのIGBTには、さまざまなクランプ電圧(代表的な値は350V~410V)と電流レベル(10A~30A)のものがあります。 温度補正された内蔵ツェナー・ダイオードの安定した動作により、温度範囲全体(-55~175°C)にわたって極めて安定したVCESが特徴です。 ツェナー・ダイオードを内蔵したために電圧スパイクに対する保護も実現でき、IGBTがブレークダウン状態で動作することはなくなります。 DPAK、IPAK、D2PAK、TO-220パッケージで提供されます。

Automotive-grade 390 V clamped IGBTs

Based on ST’s proprietary PowerMESH planar punch-through process, the 390 V clamped STGD20N40LZ and STGB20N40LZ IGBTs are ideal for pencil coil electronic ignition switch applications thanks to their high latch-up capability and SCIS ruggedness (180 mJ avalanche energy at L=3 mH, TC = 150 °C). Available in the DPAK and D2PAK respectively, these AEC-Q101-qualified IGBTs also feature gate-to-emitter ESD protection, low saturation voltage during on-state (1.8 V max @ TJ = 175 °C), high pulsed current capacity and logic level gate drive for space-saving, high-efficiency and cost-effective designs.
Feedback Form
Customer Feedback