ST Life.augmented
sense_power

デジタル・オーディオ・パワーアンプ

STは、高出力レンジ向けに、STのFFX技術をベースにした最新世代のデジタル・オーディオ・パワー・アンプを提供しています。 完全にデジタル化された高効率のFFX(Full Flexible Amplification)を組み合わせることで、STのオーディオ・パワー・ソリューションは、広範なコンスーマ向けオーディオ製品に使用でき、以下の機能を提供します。

  • 2重および3重のFFX高効率運用モード
  •  1.0、2.0、2.1、および4.0チャネルの間で柔軟な構成が可能
  • 放熱を最適化するためのPSO36およびPSS036スラグ・アップ / スラグ・ダウン表面実装パッケージ 

STA518クアッド・パワー・ハーフブリッジ・デジタル・オーディオ・アンプ

STA518クアッド・パワー・ハーフブリッジ・デジタル・オーディオ・アンプ

STA518は、マルチパワーBCD技術によるモノリシック・クアッド・ハーフ・ブリッジ段を提供します。このデバイスは、デュアル・ブリッジとして使用できるほか、CONFIGピンをVddピンに接続することにより、2倍の電流容量を持つシングル・ブリッジとして使用することもできます。
このデバイスはAll-Digital High Efficiency(DDX™)アンプのステレオ出力段を構成することをメインに開発されております。 シングル・エンド構成では、Vcc 30V、4Ω負荷、THD = 10%条件で24W×4チャネルの出力を供給できます。 また、出力負荷8ΩのBTL構成ではVcc 29V、THD = 10%で50 + 50W、出力負荷8Ωのシングル並列BTL構成ではVcc 34V、THD = 10%で70Wを供給できます。 

Feedback Form
Customer Feedback