ST Life.augmented
sense_power

耐放射線オペアンプ

放射線耐性を備えたSTの航空宇宙アプリケーション用オペアンプのポートフォリオには、低ノイズ、低消費電力、および高速のデバイスが含まれ、いずれも300 kradまで保証されています。

放射線耐性の高いオペアンプは、通信衛星や宇宙データの取得など、多くのアプリケーション内部で極めて優れた性能を発揮します。 これらは、3V~16Vのシングルおよびデュアル・レンジ電源電圧、200 µA~16 mAの電流範囲、最大周波数1 GHz、およびゲイン1(最小)で使用することができます。 この電圧範囲に使用しているST独自の技術は、BiCMOSと0.25 µm CMOSです。

Flat8およびFlat8Sパッケージで供給されます。
 

Feedback Form
Customer Feedback