ST Life.augmented
sense_power

低Iq LDO レギュレータ

STの低静止電流LDOレギュレータ・シリーズは、アプリケーションのバッテリ寿命を伸ばしながらも優れた動的性能を保ち、すべてが小さなフットプリントに収められているため、携帯型コンスーマ・アプリケーションおよびバッテリ駆動アプリケーションに最適です。 パッケージ・オプションとして、SC70、SOT666、CSP 4バンプおよびDFN6L-2x2が用意されています。

STLQ015XX:超低静止電流リニア・レギュレータ

STLQ015XXシリーズ の超低消費電力LDOは、1.5~5.5 Vの入力電圧範囲で最大150 mAの電流を供給します。このシリーズの最大負荷時静止電流はわずか1.4 μA、標準スタンバイ電流は1 nAであり、スタンバイ時間が極めて長いアプリケーションにおけるバッテリ寿命を延ばすことが可能です。小型コンデンサを2つ外付けするだけで、携帯型バッテリ駆動システム、電子センサ、家庭用医療機器、および携帯型エンタテイメント機器に組込まれたマイコンに給電する、コスト効率と省スペース性に優れたソリューションを提供します。STLQ015XXシリーズは広範な出力電圧(0.8 V~3.3 V、100 mVステップ)で利用できます。 

STLQ50シリーズ超低消費電力LDO

超低消費電力LDOのSTLQ50シリーズでは、2.3~12Vの入力電圧から最大50mAの出力電流が得られます。 平均値で3.5μA、最大値でも6μA未満の低静止電流を達成するこのシリーズは、消費電力が最重要課題となる用途に最適です。入力電圧範囲が広いことから、携帯用の電池駆動式デバイスと12 Vまでの中電圧電源バスの双方に対応します。省スペース設計向けに、超小型ながらも実用的なSOT323-5Lパッケージに収められたSTLQ50シリーズには、1.22 Vを下限として、固定出力電圧タイプと可変出力電圧タイプが用意されています。
Feedback Form
Customer Feedback