ST Life.augmented
sense_power

MPPT内蔵DC-DCコンバータ

これらのDC-DCコンバータに組み込まれたMPPTアルゴリズムは、太陽電池パネルが発電する電力を温度や太陽光の照射量に関係なく最大化します。

SPV1020は、6.5 V~40 Vの電圧範囲で動作するインタリーブ型DC-DCブースト・コンバータです。能動スイッチおよび同期整流用のパワーMOSFETを内蔵しているため、外部デバイスの個数が最小化されます。 4相のインタリーブ型トポロジによって、寿命を短縮する可能性がある電解コンデンサを使用する必要もなくなります。

SPV1040は、MPPTアルゴリズムを組み込んだモノリシック・ステップアップ・コンバータです。0.3 V~5.5 Vの入力電圧範囲で動作し、効率が極めて高いために負荷へのエネルギー伝達を最大化します。 スタートアップ入力電圧が極めて低いため、わずかな太陽電池や燃料電池しか持たないデバイスでもよいことから、携帯アプリケーションに最適です。

edesign_widget_sc1517
eDesignSuite

SPV1050のエネルギー・ハーベスティング

SPV1050のエネルギー・ハーベスティング
SPV1050は、環境からエネルギーを確保して有用な電気エネルギーに変換することで、完全に自給自足型のワイヤレス・センサ・ノードを実現します。SPV1050は超低消費電力エネルギー・ハーベスタ兼充電器であり、太陽光発電(PV)セルや熱電式発電機(TEG)からエネルギーを最大限に引き出します。
 
主な利点
  • 光または熱勾配から90%の変換効率で幅広い入力電力範囲にわたってエネルギー・ハーベスティングを実現
  • 屋内および屋内の状況に適したブースト・トポロジおよびバックブースト・トポロジ
  • 充電プロセス中の最大60%のエネルギー利得により、ハーベスティングから最大限のエネルギーを確保 
  • バッテリの長寿命化
 
Feedback Form
Customer Feedback