ST Life.augmented
sense_power

SPC5 シャーシ&セーフティ用マイクロコントローラ

STのSPC56 PラインおよびLラインは、32bit FlashマイクロコントローラのSPC5ファミリのデバイスで、シャーシおよびセーフティ・アプリケーションの固有ニーズ専用に作られ、特に機能安全と高度な3相モータ制御に焦点を合わせています。

独自のモジュール性とアーキテクチャのスケーラビリティによって、コスト、安全性および性能の最適なトレードオフにより、シャーシおよびセーフティ・アプリケーションの広い範囲をカバーします。

ASIL-D準拠SPC56 Lライン・デバイス

新しいSPC56 Lライン・デバイス(SPC56EL60とSPC56EL70)は、最も厳しい自動車安全規格(ISO 26262)に準拠すると共に、不揮発性メモリの容量を増やしました。既存の部品を使用するお客様にとっても、それぞれのプラットフォームをこれらの新デバイスに簡単に移行することができます。

SPC56EL60とSPC56EL70は、現時点で必要なASIL (Automotive Safety Integrity Level)を最も厳しいASIL-Dレベルまでの準拠する必要がある広範な自動車用アプリケーションに対応するよう設計されています。現在、アンチロック・ブレーキ、電動パワーステアリング、アクティブ・サスペンション、ADAS(advanced driver assistance system)などの極めて重要なシステムでは、ASIL-Dレベルへの準拠が求められています。 

SPC56EL70は、次の特徴を備えています

  • 高性能な2つのe200z4dコア
  • 2MB (SPC56EL70)のFlashメモリ
  • 192KBのRAM Flashメモリ
  • 3つのCANインタフェース
  • 最大2つのブラシレス3相モータをサポートする、セーフティおよびモータ制御アプリケーションに最適化したペリフェラル・セット

デュアルコア・アーキテクチャによりシステム・レベルでの部品の重複を低減し、システム全体のコストを削減します。このアーキテクチャは、ユーザがロックステップ・モードまたはデュアル・パラレル処理(コアの独立動作)モードを選択できる独自の柔軟性も提供します。ユーザが安全性と性能レベルのバランスを取れるよう複数の安全アーキテクチャをサポートします。

 

Feedback Form
Customer Feedback